1. HOME
  2. 導入事例
  3. 井水式ユニットクーラー
  4. 作業員の快適のために暑熱対策を

導入事例

作業員の快適のために暑熱対策を

業種 食品製造工場
事業内容 調味料
設置機種 井水式ユニットクーラー(SC-N246E4・キャスター付き架台)

備蓄倉庫が暑い!!

今回井水式ユニットクーラーを導入頂きました企業様は誰もが、きっと一度は手に取ったことがある
であろう!と思われます、調味料を製造している企業様です。
製造工場のご担当者の方から「材料の備蓄倉庫を新設したのだけれど、場内がとっても暑いんだけど・・」
とご相談いただきました。

製造工場にとって、夏場の高温多湿の環境は天敵であり、企業として暑熱対策を行うことは
とても重要なことと言えます。
暑熱対策を怠ると、工場内で作業をしている方々の体調不良につながる恐れや、暑さによる
注意力散漫による怪我、暑さが理由で作業員のモチベーションが低下し、作業効率が下ったりと
様々なデメリットが生じます。
工場内で勤務するすべての作業員の方に快適な作業環境を与えることは必要不可欠です。

しかしながら、いざ暑熱対策の為に設備を導入しようと考えても、工場の生産を止めるわけには
いきませんので、導入がしやすい空調機器でなければなりません。
その他にも、導入の際のコスト(イニシャルコストやランニングコスト)も重要なポイントとなります。
暑熱対策の為の予算があまりかけられないという場合であれば、安価で導入することとなります。
ただし、イニシャルコストを抑えたとしても、長期的なランニングコストにも目を向けなければなりません。

ジャパンクリーンプラントの井水式ユニットクーラーは、井戸水(地下水)を利用して冷房を行う
冷房機器です。
イニシャルコスト面では、一般的なエアコンよりも高くなる可能性もあります。
しかし、ジャパンクリーンプラントの井水式ユニットクーラーは、一般的なエアコンとは異なり、
冷媒ガスを使用しないため屋外機が不要となるため、電気代を90%程度削減することが可能なため、
ランニングコストは大幅に削減することが可能となります。

また、ジャパンクリーンプラントの井水式ユニットクーラーは冬場は温水を流して暖房として使用することが
出来るため、一年中大幅なコスト削減につながります。

幸い、今回導入頂きました工場では備蓄倉庫新設に伴って、井戸水(地下水)を導入していた為、
導入の際のイニシャルコストも抑えつつ、ランニングコストを削減することができました。
井水式ユニットクーラーの導入によって、排水を洗浄などに使用することもでき、さらにしっかりと
暑熱対策もできたことにより、作業員の方の不快指数も格段に下がり、「とっても快適だ」と
大変お喜びの声を頂戴しております。

今回は直吹きのタイプの導入事例をご紹介いたしましたが、そのほかにも、同時に7人に風を当てることが出来る
ダクト接続タイプ(SC-D07E4)や、ひとりひとりに風を当てることが出来、100Vで使用することが
可能なスポットクーラータイプ(SC-D02W2)もございます。

機種の選定や材質のご相談など、どんなことでも構いません。
工場内の現調も行います。お気軽にお問い合わせください。